月別アーカイブ: 2014年4月

TPO、メイク版

メイクにもTPOって大事ですよね。
会社用、友達用、飲み会用、デート用。私も使い分けています。
普段はノーメイクでも出かけてしまえるタイプです。
会社はやっぱり、ナチュラルメイクで行きますが、
飲み会・合コンにはカラーコンタクトをいれてみたり、つけまつげをつけてみたり、
メイクを楽しんでいます。
でも、最近の男性はナチュラルメイクが好きですよね。
私は目元がっつり盛っちゃうのも好きなのですが、
合コンはナチュラルメイクの方がうけるのかもしれません。
これ、難しいんですけど、「ナチュラルに見えるメイク」はちゃんとメイクしてるんですよね(笑)

「手をかけないメイクがナチュラルに見えるか」という問題は、個人差が大きいですが、基本、「手をかけないメイクは、化粧にこだわらない人に見える」だけと私は思ってます。

なので、「ナチュラルに見えて、かつ、美しいメイク」をするために、私はやっぱりベースメイクには一番時間とお金を使ってるかもしれません。

最近では、ガッツリファンデーションではなく、「しっかり下地+ミネラルファンデ」で自然なナチュラルメイクを作ってます。
おすすめの組み合わせの口コミサイト→【ミネラルファンデに下地は不要?キレイに仕上げる方法

結婚式やお葬式に出席することも増えてきました。お葬式はなるべくキラキラしたメイクは控えますし、結婚式はお嫁さんより目立ってしまってはダメだとよく言いますよね。

デパートに行く時、美容室に行く時は、メイクのプロがいるのでやっぱりちゃんと見られたいのでそれなりのメイクをしていきますが、
近くのスーパーならそんなに気にしません。
服装もそうですが、TPOで対応できるかでその人となりを判断されてしまいますよね。
人間中身といくら言っていてもやはり見た目で9割方相手への印象は決まってしまうものだと思います。
人に不快な印象は与えないような人でありたいなと思います。

「人は見た目が100%」っていう人も居ます。

「見た目が暗いと中身も暗くなっちゃう」

「外側から変えると、中を変えるのは易しい」とも。

外見だけではないけど、やっぱり大切にしたいですよね。

お葬式で笑った顔していたら・・・

「TPO」とは。辞典を引きますと
T=time (時間)
P=place (場所)
O=occasion (場合)
と出てきました。
なぜこんな事を調べているかといいますと、息子が4月から保育園に通いだすからです。
この第一印象で私の印象だけではなく、子供の印象まで決められてしまいますので気合が入ります。
保育園は落ち着いた親御さんが多い印象でした。
若い時一生懸命働いて、女性だけどそれなりの社会的地位をもっているきっと社長さんだったり、
役職があったり、手に職をもっていたりする方が多いんだろうなという感じです。
そして、クラスの親の中で私が一番若いらしいのです。
私は24歳で出産しております。
最高齢の方は40歳で出産した方のようですので、一回り以上違うようなのです。
もう私の母親とその方が年齢が近いです。
若いからしっかり教育出来ていないとか思われないように、しっかりしなくてはと思っているのです。
そして、母親にメイク等身だしなみをどうしたらいいか相談したところ上記の「TPO」と言われたのです。
今まではメイクって自分を可愛く見せるための手段でしたが、大人になるに従って、
相手に不快感を与えないという項目がプラスされたように思います。
主観ばかりではなく客観性が大事だという事ですね。大人になるって難しいです。

でもTPOって格好だけではないですよね。

その場にふさわしいことばや態度があるはず。

最近読んだ本の中に「お葬式で笑った顔していたらそれはルール違反」

っていうのがありました。極端な例ですが、やっぱりその場その場で、「今これを言ったり、したりしたら相手がどう思うかな」

こういうふうに考えて行動するのが、TPO、って言う気がしますね。

今日の言葉

最近、朝の散歩を日課にしています。その時川沿いを歩くんですが、そこが散歩コースになっているので、たくさんの人とすれ違います。

なるべくおはようございますって挨拶をするようにしてますが挨拶を返してくる人もいますが、何も言わない人も居ます。

ひとつ言えるのは向こうから挨拶されることってないっってことですね。

なので、今日、毎日会う人に「いつもにこにこ挨拶してくれてありがとう。あなたのお陰で毎朝いい気分よ」って言われて、びっくりしました。

笑顔でいると、いいことがあるもんですね。

egao

ブログ始めました。

最近、よく本を読むんです。今「ニーチェの言葉」とか「○○名言集」とかが流行っているじゃないですか。

そんなのが結構好きで、読んで気になった言葉とか、なるほどッて思ったことは手帳に書き留めるようにしているんです。最近、すごく納得した言葉があって、それは

「困った時が、その人の勉強するとき」っていう言葉です。

かんたんだけど奥が深くて、なにか困った状況になったとします。例えば人間関係のトラブルとか・・・。すると、状況に文句を言ったり、人を責めたり、そんなふうにしてしまうこともあるけど、実は、その時に、「じぶんが成長できるチャンス」なんだっていうことなんですね。

「この状況で、自分が成長できるような解決法はなんだろうか」

「神様は、この状況から、何を学んだらOKだと言っているのだろうか」って言うふうに考えるようにすると、スッと解決法が見えてくるみたいなのです。

なかなか難しいけれど、ちょっと考えてみようかなっておもいます。